膣トリコモナス症の原因と症状は?

膣トリコモナス症の典型的な症状は性交渉を持った後、5日から1か月の間に外陰部などの性器にかゆみが起きて、悪臭のある黄色や淡い灰色の泡状のおりものが増えます。
膣が赤くなることもあります。
かゆみはかなり強くて、じっとしていられないくらいです。
おりものの悪臭も強烈で、魚が腐ったような臭いだと表現されています。

膣トリコモナス症は、性行為以外にも衣類や便器や検診台から感染することも稀ながら、あります。
また、若い人だけではなく中高年にも見られ、比較的幅広い年代で見られることも膣トリコモナス症の特徴の1つです。

私たち女性の膣の中は、乳酸菌という善玉菌がいます。
その善玉菌の働きによって膣内は弱酸性に保たれているため、通常は大腸菌やトリコモナスの侵入を阻止しています。
しかし、抵抗力が衰えている時や多くのストレスを抱えている時は、乳酸菌が少なくなるために感染しやすくなります。
性交渉以外で感染する時は、疲労やストレスが溜まっている時が多い傾向があります。

おりものが悪臭となる原因は、トリコモナス原虫が善玉菌の乳酸菌のエサを横取りして乳酸菌が少なくなり、膣内の酸度が保てなくなることが関係しています。
膣内の酸度が保てないと、嫌気性菌や大腸菌などの悪玉菌が増えるので、これが悪臭の原因となってしまいます。

膣トリコモナスの確定診断は、おりものを綿棒で採取して顕微鏡でトリコモナス原虫がいることを確認することが必要です。
しかし多くの婦人科医は、患者さんが内診台に上がった時のおりものの臭いで、ほぼ診断がつきます。

おりものの悪臭は、治療薬を服用すれば次第になくなります。
治療薬でトリコモナス原虫が少なくなって乳酸菌が増えればバイキンなどの悪玉菌も減るので、悪臭も次第に消えます。

トリコモナス症の治療は、女性だけではなくパートナーの男性も同時に行うことが重要です。
女性が完治しても、パートナーがトリコモナスに感染していると、パートナーと性交渉を行った時にまた発症することになります。
では、治療はどのように行われるのでしょうか。

膣トリコモナス症の治療薬フラジール

上記のような症状があり、膣トリコモナス症だと思った場合は、産婦人科を受診しましょう。
治療は、フラジールと言う治療薬を服用します。
トリコモナス原虫は膣や性器だけではなく、尿道や直腸などにも生息している可能性があるので、原則的には塗り薬ではなく飲み薬を使って治療します。

フラジールの成分はメトロニダゾールで、トリコモナスなどの寄生虫をやっつける治療薬です。
一般的な抗生物質では効果が期待できない細菌感染や寄生虫に使われます。
メトロニダゾールの成分が作用して、良い効果が期待できます。
古くから膣トリコモナス症やその他の部位のトリコモナス症の治療薬として、第一選択薬として使われているのが、メトロニダゾールです。

アレルギーがある人や持病のある人、服用中の薬がある人、妊娠している人はその旨を担当医に伝えてください。
フラジールは症状がなくなっても、医師が処方した量を最後まできちんと服用してください。
つらかった症状がなくなっても、まだトリコモナス原虫は完全に死滅しないで生き残っていることがあるからです。

また、パートナーの男性も泌尿器科を受診してください。
男性の場合は、尿路や前立腺に侵入することが多いです。
男性の場合は症状が乏しいので、自覚症状がなくても受診することが大切です。

フラジールは、副作用の少ない安全性の高い治療薬です。
時に、食欲が減退したり胃の不快感や吐き気が見られることがありますが、それほどひどくなることはほとんどなく、多くはスルー可能な範囲です。
効果が副作用をはるかに上回るでしょう。

重い副作用が起きることは、まずないと考えられています。
しかし、もしも服用中に血便が出たり、頻回の下痢が起きたり腹痛が激しい場合や服用中に何か異変を感じた場合は、次回の診察日まで待たずに受診するか医師に連絡するなどして、服用を継続するか中止するかを相談してください。
フラジールを用量用法を守って服用し、早く良くなりましょう。