ジスロマックの副作用で多いのは下痢!他には?

ジスロマックは強力な殺菌作用を持つ抗生物質で、性病の他にも歯周病や中耳炎、扁桃炎など多くの種類の感染症に対して効果を発揮します。
一般的にジスロマックを含む抗生物質は殺菌効果があり、病気の原因である細菌を殺傷します。
抗生剤を服用すると病気を引き起こす細菌を死滅させることができますが、人体に必要な細菌も殺菌してしまう場合があります。

人間の腸内には大腸菌や乳酸菌などの多くの種類の細菌が存在し、食べ物の消化・吸収を助けたり、人体に有害な細菌が増殖するのを防ぐ働きをしています。
抗生物質を服用すると腸内の細菌バランスが崩れることで、お腹が緩くなったり下痢などの副作用が出る場合があります。
ジスロマックは殺菌効果が高いため、特に下痢の症状が出やすいという特徴があります。
整腸剤と一緒に服用することで下痢の副作用を防ぐことができますし、仮に症状が出たとしても短期間で回復します。

ジスロマックの服用により腸内の細菌バランスが崩れることで下痢の症状が出ることがありますが、他にも頭痛の症状が出る場合もあります。
頭痛や下痢に次いでジスロマックに多い副作用です。
頭痛の症状が出るような場合には、非ステロイド系の頭痛薬を一緒に服用すれば症状を軽減させることができます。

頭痛以外にも、ジスロマックを服用した直後に強い吐き気を感じて嘔吐するケースもあります。
吐き気や嘔吐の場合には、薬を吐き出してしまえば症状が収まります。

基本的にジスロマックは下痢や頭痛以外の副作用が出にくいため、抗生剤の中でも安全性が高いとされています。
それでも稀に、ジスロマックを服用した際に重い副作用が出る場合があります。
肝臓の持病がある方や、アレルギー体質の方であれば、ジスロマックを服用する際に重い副作用が出る可能性がある事に留意しておく必要があります。

他の薬を服用している場合には薬効が強くなり過ぎたり、ジスロマックの殺菌効果が弱くなってしまう場合があります。
ジスロマックを服用する際は、他に服用している薬の種類にも注意を払うようにしましょう。

重い副作用にはどのような症状があらわれるのか

ジスロマックは下痢以外の副作用が出にくい安全な抗生剤ではありますが、稀に重い副作用が出る場合があります。
ジスロマックの副作用で重い症状が出るものとして、アナフィラキシー・ショック、スティーブンス・ジョンソン症候群・中毒性表皮壊死症、薬剤性過敏症症候群があります。

アナフィラキシー・ショックはジスロマックに限らず、多くの種類の医薬品で起こる急性の過敏反応で、薬に対するアレルギー反応です。
服用後5分~30分以内に発症し、吐き気・嘔吐、蕁麻疹・痒み、腹痛などの症状が出ます。
重度であれば息が苦しくなったり、意識が薄れるなどの全身症状が出る場合があります。
腹痛や痒み程度であればすぐに回復する場合がありますが、全身症状が出るようであれば医師の診察を受ける必要があります。

スティーブンス・ジョンソン症候群・中毒性表皮壊死症は医薬品を服用して発生する重度の皮膚障害です。
服用してから2週間前後で発生することが多いため、薬の副作用であることが認識しにくい場合があります。
発症すると38℃以上の高熱が出たり、目や口などの粘膜の周辺に発疹や水ぶくれができたり、全身に想い皮膚症状が出ることもあります。
最初に粘膜の周辺に障害が起こり、1日程度で全身の皮膚に症状が広がります。
発症すると死亡率が20~30%と非常に高くて危険なので、この症状が出たらすみやかに医療機関で診察を受けるべきです。

薬剤性過敏症症候群は、薬品によって高熱や臓器障害の他、全身に痒みを伴った赤い湿疹が引き起こされる症状です。
場合によっては肝炎、黄疸、肝不全など肝機能障害が起こることがあります。
これも薬を服用してから2~6週間後に発症することが多く、ジスロマックの副作用であることに気付きにくいことが多いです。

ジスロマックの副作用であるスティーブンス・ジョンソン症候群・中毒性表皮壊死症・薬剤性過敏症症候群は服用してからかなりの期間が経過してから発症するという特徴があります。
これらの副作用が発症して医療機関で診察を受ける場合には、ジスロマックを服用したことを医師に伝えておく必要があります。