コンドームで解決?性行為による性感染症の予防方法

性行為の際に注意しなければいけないのが性感染症への感染です。
性感染症にはいくつかの種類がありますが、その多くが粘膜接触、性行為によるもので感染がおこります。
一度感染してしまうと、再発を繰り返すもの、あるいは治療をしないと症状が完治しないものもあるため、そうならないための予防方法がポイントとなってくるわけです。

性感染症の予防方法として最も効果が高いとされているのがコンドームです。
セックスの際の粘膜接触をコンドームで防ぐことが出来ますし、避妊目的にも使用していくことが出来ます。
そもそも、セックスをする上でのマナーとしてコンドームの使用は欠かせません。
妊娠を望んでいる夫婦、カップルであればまだしも、性感染症のリスクが少しでも残っているのであればコンドームでその予防をするに越したことはありません。
相手のことを配慮することはもちろんのこと、自分が性感染症による影響を受けないように、不用意に感染を広げないために対処していくことが大切になってきます。

ただ、注意が必要なのが、コンドームを使用したからといって必ずしも性感染症に感染しないと断言できるものではないという点です。
先にも挙げたように、性感染症の多くは粘膜接触によって引き起こされます。
つまり、キスやオーラルセックスでも感染の可能性はあるということです。
もちろん、コンドームを付けているのとつけていないのとでは、その感染率は大きく変化していきます。
ただ、だからといってコンドームだけを過信しすぎないことが大切になってきます。

あくまでコンドームは避妊や代表的な性感染症予防限定で用いる事、必要に応じてプラスαの性感染症予防も必要になってきます。
例えば、不特定多数とのセックスは控えるようにする、前もって性感染症の検査をパートナーと受けておくなど、コンドームと平行して工夫を凝らしていくことで自分の身を確実に守っていくことが出来ます。
性感染症の正しい予防方法について知識としてしっかり身に着けておきましょう。

生理中のセックスは傷口からの感染の危険がある

生理中のセックスは性感染症のリスクを高めるため注意が必要になってきます。
これはコンドームをしているから大丈夫というものではなく、より安全に性行為を行う際には欠かせないポイントです。
生理中は膣内や性器周辺が特に敏感になっている時期です。
性行為によって傷ができやすい状態ですし、その傷口から感染がおこる可能性もあります。

性器周辺は排尿や排便時に汚れが付きやすい場所でもあります。
つまり排尿や排便時に感染力の強い菌が傷口につけば、それが感染を引き起こすことになるわけです。
生理中は性行為はもちろん避けるのが賢明ですし、シャワーをこまめにして患部を清潔に保つことも大切です。

シャワーをするだけでも性器周辺は清潔に保つことが出来ます。
ここで変にボディーウォッシュを使うと肌荒れを引き起こしたり、菌への感染を助長してしまうこともあるため注意していきましょう。
もしも、どうしても生理中のケアを徹底したいというのであれば、皮膚への負担が少ないデリケートゾーン専用のものを活用していくのがおすすめです。

性感染症を完ぺきに防ぐにはどうすればいいのか、そもそも性行為をしない、粘膜接触を起こさないとなればそれは可能になってきます。
ただ、そこまで行為を限定してしまうと無理が出てくるため、最大限で予防方法を模索していくことが大切になってきます。

先にあげたように、不特定多数とのセックスは避けるようにする、パートナーとの事前の確認を徹底する、これによってたいていの性感染症は防ぐことが出来ます。
また、これでも防ぎきれないものに関してはコンドームの使用で対処していくこともできるため、まずはパートナーと互いに性感染症への理解を進めることからはじめていきましょう。