クラミジアの治療薬といえばジスロマック

ジスロマックの画像

ジスロマックの効果効能は抗菌薬で細菌のタンパク合成を阻害する抗菌作用です。
クラミジアの治療にはジスロマックという医薬品は欠かせません。
クラミジアを治す薬の代名詞ジスロマックはマクロライド系抗菌薬に分類される薬で、幅広い感染症に効果が期待できます。
マクロライド系抗菌薬のジスロマックは感染症の中でもクラミジア治療に効果を発揮する薬で、第一選択薬として使うことが多いです。
クラミジア治療では投薬してから3~4週間後にクラミジアの再発検査を行なって陰性であれば完治と考えられます。
クラミジアを完治させるためにはジスロマックを飲んだ日から数え、約1ヶ月程度は必要になります。
ジスロマックを使ってのクラミジア治療は難しいものではなく、病状の進行程度など個人差はありますが、一般的には1週間程度で治療が可能です。
ジスロマックの有効成分のアジスロマイシンが感染した病原体に1週間~10日程度作用し続けて、症状が軽度であればジスロマックを一度服用することで治療が終わることもあります。

ジスロマックはクラミジアの治療薬で、クラミジアは血中の成分濃度を高めて原因菌を一気に殺菌し死滅させることが大切です。
治療薬のジスロマック1000mgは1回服用することで原因菌である細菌を壊滅的に殺菌することができ、1種間程度は効き目が持続します。

クラミジアに感染した場合、男性と女性では症状が異なる場合があります。
男性が感染した場合は尿道のかゆみや不快感があります。
尿道から膿がでてくるなど異常と思われる症状があらわれますが、膿が微量であることが多く見逃すこともあるので、排尿時には注意が必要です。
症状が進行すると尿道に炎症がおき排尿時に痛みを感じることもあります。
また発熱することもありますが風邪に症状が似ているためクラミジアと気づかずに放置することもあるので注意が必要です。
女性が感染した場合はおりものの増加の症状があります。
下腹部の痛みや不正出血もあり、生理と症状が似ているため見逃すこともあります。
性交中に痛みを感じる場合は感染している可能性があります。

ジスロマックのジェネリック医薬品アジーは安価

クラミジア治療にはジスロマックと同じアジスロマイシンを主成分としたアジーも有効なジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品のアジーは先発品と同様に1度服用することでクラミジアの治療が可能です。

クラミジアは原因菌が体内で増殖して病状が進行してしまいます。
原因菌が体内で増殖するには細菌の細胞内の器官を働かせて新たにタンパク質を生成する必要があり、ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンには細菌の働きを抑制する働きが期待できます。
ジスロマックと同じ成分でクラミジア治療効果も同じジェネリック医薬品のアジーはジスロマックの約3分の1程度の値段で通販サイトで購入することができます。
クラミジアに感染しているとわかっていても受診が恥ずかしくて病院に行きづらかったり、費用が不安に思う場合は、通販サイトでも購入可能で安価なジェネリック医薬品のアジーを購入することを検討すると良いです。

クラミジアに感染して放置すると他の性感染症にかかるリスクは増えます。
感染したことで喉や性器などに炎症が起きると他の性感染症の病原体が身体に侵入しやすくなります。
自分だけではなくパートナーにも感染させることにもつながるため、アジーなど抗生物質で治療をする必要があります。
自分がクラミジアに感染しているか不安に思う場合は、検査キットなどもあるので、自分で検査をして感染しているかを確認して、感染してる場合は早めに病院を受診するか、ジェネリック医薬品のアジーを信頼できる個人輸入代行業者が運営している通販サイトで購入して服用して治療する必要があります。
早めに治療を始めて完治をすることが大切なことです。
症状に気づかずに感染を広げる可能性があったり、再発することもあるので完治を目指してアジーなど抗菌薬で治療をすることが良い方法です。